面接からの流れ

風俗店で働きだす前に避けて通れないものに「体験入店」というものが存在してきます。これに関しては、風俗業界初心者の女性であれば必ずあると考えてまず間違いはありません。とはいえ、誰でも体験入店が受けれるわけではなく、その前の面接にしっかりと合格をしないことには体験入店も本採用もないのです。この体験入店の前に「講習」というものがあるのですが、この「講習」に関しては正直なところ実施しているお店とそうでないお店と分かれてきますので、どうしても「講習」が必要だと考えているのであれば事前確認が必要となってきます。ちなみに、テレビドラマなどで風俗店に身を落とした女優さんが怖い人の前で裸になって、本番まがいの実技講習をするというようなシーンがいまだに放映されることもありますが、実際にはそのようなことはほぼないと思っていいでしょう。そこで、大体の風俗店では「DVD講習」もしくは「口頭での講習」というのが一般的であります。

確かに昔は女性に対して実技講習を行うお店もあったようですが、実技講習を女性が嫌がる傾向が強いため、現在実施するお店はかなり限られているのです。これらの講習が終わってから次に体験入店となってきます。やはり、体験入店をすることでお店の特徴もわかりますし、接客した分についてはその日にお給料が手元に入ります。また、この体験入店はお店にとっても好都合な面もあり、体験入店期間にその女性がどの程度お仕事に誠実に取り組んでくれるのか、というのも見極めているのです。これらの体験入店が終われば本入店という流れになります。もちろん、体験入店期間中に特に問題がないと判断されれば最終日にお店の人から次の出勤日が聞かれます。そこで断ることもできれば、無理に働かされることもありませんので、自分自身でしっかりと判断をする時間も与えてくれるのです。

もし体験入店を通じてこのお店では働けないと思った場合は、「また出勤できる日がわかったら連絡します」といった感じでその場は伝えて、後日またお店から連絡が来たらお断りの旨を伝えればいいだけの話なのです。最後に、風俗店で働きたいと思っても面接をパスすることにはどうしても働くことができません。ですので、面接の際にもそれなりに注意しておいたほうが良いポイントというのも存在してきます。たとえば、女性らしい服装で面接へ行く、遅刻はしない、礼儀作法は最低限見せておく、大事な部分はメモを取るといった前向きな行動を見せておく、といったところを最低限表現できていればまず間違いなく面接はパスできるはずです。

自分に合うお店を探す

風俗店で働きだす前に、ある意味避けては通れないものに体験入店というものが存在してきます。風俗業界ベテランのような女性であれば体験入店はパスしても問題はないのでしょうが、これが初心者となれば必ず経験をしておかなければならないのです。とはいえ、風俗業界初心者であるのでしたら、この体験入店に関してはお互いにメリットしかないようにも思えます。簡単に言いますと、働く女性側はどういった仕事内容なのか、どういったお店なのかということがこの体験入店の際に知れるということです。逆にお店側は、その女性のランクやポテンシャルというものが知れるということになるのです。ちなみに、風俗初心者の女性に多い悩みに、働くお店を探す上で何を知ればいいのかイマイチ理解ができないということがあります。もちろん、不安だらけの中であれこれと知りたいことはたくさんあるのは当然のことでもあるのです。

たとえば、「親や彼氏にばれないように働けるのか」、「小さい子供がいるんだけど託児所に預けることはできるのか」、などといった不安は電話でお店に問い合わせてみたり、インターネットで調べてみたりと働く前の下調べである程度はわかることだとは思われます。ですが、働いてみないとわからないものというのはやはりお店の雰囲気になってくるのです。雰囲気といわれてもイマイチわからない人もいるでしょう。ですが、この働くお店の雰囲気というのは以外に重要視される部分でもあります。一緒に働くスタッフと合うか合わないかという問題は、「働きやすい環境」を考える上で重要視しなければいけないことでもあるのです。
会社を辞める人の原因としてあげる8割以上の理由は「人間関係」といわれており、それが上手くいかずに頑張って入った会社でも辞めてしまいたくなってしまうというのはもったいないことなのです。

そういった不安を払拭するためにお店側が考えてくれたのが、「体験入店」という制度になります。それにプラス、ほとんどのお店が「体験入店保証」という制度を採ってくれています。この保証というのは、体験入店だけでも保証金として一定のお金が必ず貰えるということで、すなわち体験入店だけでもしっかりとお給料は貰えるということです。もちろん、お店によって金額も違ければ条件も異なります。最低でもお店に4時間はいなければいけないなど様々な決まり事がありますので、体験入店をする前にはしっかり条件を確認しておく必要があるでしょう。

▼推奨サイト▼
 梅田店のご案内 | 大阪の風俗求人サイト【熟女家】
 ・・・体験入店時の最低日給保証制度を設けている風俗店のサイトです。

一般店と高級店の違い

今現在、日本にはあらゆる業種の風俗店が存在しており、風俗業界の勢いというのも増すばかりのような気もします。そのあらゆる業種の中で、最も勢いのある業種とされているのが「デリヘル」となってきます。デリヘルとはデリベリーヘルスの略称であり、元来は風俗店へと足を運んで性的サービスを受けていたものが、女性側がお客様の指定する場所へと派遣されてきて性的サービスを提供する業種のことをいいます。
一般的のお仕事の場合、働き始めは研修という形で1からお仕事を学ぶ期間が設けられています。風俗店でも同じように、この研修にほど近い「体験入店」というものを設けられているのです。ですので、1から風俗店で働こうと考えている女性であっても、いきなりお客様に接客をするという不安はこの体験入店で解消はされると思われます。

では、他にはどういった体験入店の目的があるのでしょうか。まず、デリヘル店には「一般店」と「高級店」の大きく二種類のお店が存在してきます。ちなみに、高級店の求人にはほとんど「当日体験入店できます」というフレーズが記載されています。これは、デリヘルや風俗自体が初めての女性にどういった仕事内容かということを確認してもらうという目的と、お店が本採用するかどうか、または入店後のランク付けの判断材料にするためでもあるのです。体験入店とはいえ、お店は本入店と同じように給料を支払います。これを良いことによからぬ考えを抱く女性もいるのです。それは、取り急ぎお金が欲しいので体験入店だけをして、あとは適当な言い訳をして辞めてしまうということです。そのため、お店も体験入店可能かどうかは面接後に打診する可能性もあります。

ほとんどないとは思いますが、たとえば面接の際に後日にまた連絡をします的なことを万が一言われたとすれば、そのお店で働くことはないと考えたほうがいいでしょう。その逆に、面接後すぐに体験入店のことを打診すれば、本人さえ問題なければいつからでも働けるということになるのです。次に一般店の場合、風俗経験があれば講習がないこともありますが、高級店では経験の有無を問わず講習は必ずあります。ただ、俗に言う講習の多くはお店のオーナーやスタッフを相手に実際の接客を実践するものですが、高級店の講習はそういった接客講習の他にマナー講習があるのです。要するに、風俗嬢としてではなく、社会人として通用するマナーや言葉遣いを身につけなければならないということです。
ということで、一般店の体験入店の目的というのは研修やその女性のランクを見定めるという目的であり、高級店の場合はそれにプラス社会人に通用するマナーなどを身につけるということになります。